2013年4月28日日曜日

出演者紹介その4 DJ高城晶平(cero)

おひさしぶりです。ギターのサイトウです。
マスダくんとか、源ちゃんにまかせっぱなしで、全然ブログとか更新しなくてすみません。げろー。レコーディング日記とか書いて、ちゃんと写真とか撮ったりしてアップしないとな!

さて

いやー、今日からゴールデンウィークですね。皆さん、どこかお出かけでしょうか?
わたしは長野へ、縄文土器と温泉をめぐる「土器土器温泉ツアー」を計画中です。
どきどき楽しみだなー。

ということで、思い出野郎Aチーム自主企画「ソウルピクニック vol.2」も だんだんと近づいてまいりました!もうちょっとだよー。
ここからDJ陣のご紹介です。
まずはDJ高城晶平(cero)先輩。

 ソウルピクニックvol.1に引き続き、再び登場してくれます!吉祥寺に夜の帳が下りるころ、曼荼羅フロアにヤバいミュージックを響かせてくれるはずです。
高城さんのDJを聞くたびに、ツボな選曲にヤラレてしまいます。ナイス&スムース且つ、エキゾチック&ヒリヒリのような、、、うーん、説明が下手ですね。
とにかく「うわー、この曲何だ!」からはじまるコミュニケーションも音楽の素晴らしさですよ。
素晴らしいと言えば、高城さんとお母さんがやっている阿佐ヶ谷のお店Rojiに、是非行ってみてください。イベントも頻繁にやっていて、ふらっと行くと自分の知らない音楽との電撃的出会いが出来たりしますよ。ソウルピクニックも、そんなイベントを目指したいです。最近、rojioというネットラジオも始まったぽいです。http://asagayarojio.tumblr.com/

以下HPから


Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero(セロ)。
2004年に高城、荒内、柳で結成。2006年ごろからジオラマシーンとして活動する橋本が加入。
様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップミュージックへと昇華させる。
2007年、鈴木慶一氏(moonriders)の耳にとまりプロデュースしてもらう。
その後、坂本龍一氏のレーベルcommmonsより発売された「細野晴臣 strange song book -tribute to haromi hosono 2-」収録の鈴木慶一「東京シャイネスボーイ」に参加。
同レーベルコンピ「にほんのうた 第二集」に唱歌「青い眼の人形」のカバーを担当するなど、精力的に活動している。
2011年、初の流通音源「WORLD RECORD」をカクバリズムより発売。本秀康氏による印象的なジャケットのイラストも相まって好評を得る。
発売から少しして、柳が絵描きとしての活動に専念するため脱退。
現在、MC.sirafuとあだち麗三郎を迎えた編成でライブを行っている。
2012年10月、2ndアルバム「My Lost City」を発表。

前回何気に好評だった、ソウルピクニックのライターをまた発注しました。ヤスリ式のおっさんライターです。会場で売ります。みんな遊びにきてねー。
※ライターの売上金のすべては、思い出野郎の活動のために寄付されます。

ギター サイトウ



2013年4月21日日曜日

出演者紹介その3 ワイアイエム


マスダです。Y.I.Mの紹介をします。


この二人がY.I.Mです。主に吉祥寺の清掃活動をしている二人は多くの広報誌に紹介され、特に清掃シーンを震撼させた自動販売機の下と釣り銭口を重点的に掃除するスタイルは清掃業界のみならず、さまざまな業界から高く評価されています。そんなおそうじおねえさんが満を持してソウルピクニックに登場です。

—ご出演ありがとうございます。

YIM:まあ、いずれこういったオファーが来るだろうとは思っていましたから。

—おふたりは普段ストリートでお掃除をなされているわけですが、今回はライブということで、どういったパフォーマンスを見せていただけますか?

YIM:なにか落ちていたら積極的に拾おうとは思っています。

—すばらしい心がけですね。

YIM:ストリートもライブハウスも同じこと。片っ端からポケットに入れていく、それだけです。

—ポケットにですか。

YIM:ええ。

—ポケットに入らないものはどうなるんですか?

YIM:見なかったことにします。見えない物まではさすがに拾えませんからね。あとはポケットに入れたくないものも同じく見なかったことにします。つまり、少なくとも私たちの目には街がとてもきれいなものに映るというわけです。

—なんということでしょう。目からウロコとはまさにこのことです。そういう見方があったのですね。

YIM:凡人にはとうてい到達できない境地と言えるでしょう。この理論が広まれば、やがてはゴミ山すら消滅することになります。

—アメイジング。当日に期待しています。よろしくお願いします。

YIM:せいぜい楽しみにしていてください。








音源はコチラ!↓
http://soundcloud.com/y-i-m/fuchs75onnfm

乞うご期待!!


2013年4月18日木曜日

ソウル・ピクニック vol.2出演者紹介その2  ちくわテイスティング協会

不思議な名前と存在は知っていましたがライブはこの間まで観たことがありませんでした。
朝の4時頃です。首から下は普段着なのに顔は黒や白でベッタリペイントされた人達がステージにぞろぞろ集まって来ました。マイクスタンドにはちくわの飾りがついています
怪しい。
しかし演奏が始まると会場のテンションはどんどん上昇して行き、終演まで下がることはありませんでした。
観ていた僕らは気がつくと竹輪をほお張りながら笑い、叫びながら踊っていました。こんな感じ初めてだ!と思いました。
とてつもなくファンキーでバキバキのバンド、さらに凶暴なトークと歌とサックスでそのバンドをリードする関西弁の真っ黒い顔のフロントマン。
とにかく衝撃的な体験でした、皆さんも是非ソウルピクニックvol.2で一緒にこの濃厚なちくわを味わいましょう!



                           ドラム    おかじま

以下HPより
2009年あたりから活動。決まったフレーズ以外は即興的に演奏するスタイルの7人組パーティーバンド。
Zenbu(東京カランコロン)の呼びかけにより2010年にYDO加入(加入当初はDr.)。
2010年、2011年と2年連続でダモ鈴木氏(ex.CAN)との即興ライブ共演を果たす。
2年ともライブ中のダモ氏にちくわを食べていただく。
2011夏には、1stDemoCD(22曲入り)を製作。初回限定版300枚Diskunionにて
入荷分丸2日で完売し、初登場ディスクユニオンインディーチャート1位に輝く。
その後約半年間にわたりベスト10入りをキープ。Diskunion下北沢店下半期チャートにて総合2位。(1位はTHEラブ人間のメジャーデビューシングル!)
2011年 秋、大阪初ライブ。ミナミホール2011の大阪MUSE会場にて300人近くの人が押し寄せ、まさかの入場規制。
また同日に行われたFMW2011では、暴動騒ぎの熱狂のうちに大成功を収め、見ていたKING BROTHERSケイゾウ氏より賞賛の言葉を頂く。
更に元BAD BRAINS、SUBLIME、WHITE ZOMBIE、などのメンバーによる新バンド、LONG BEACH REHABのJAPAN TOURにちくわテイスティング協会出演が決定。当然の如く、メンバーにちくわを食べさせる。「F○cking Amazing!!!!」とメンバーはちくわGIGとちくわを大絶賛!!!
Japanese traditional foodのちくわを北米に持って帰っていただく。

http://www.youtube.com/watch?v=kCQ3AKD1jTw



                        

2013年4月15日月曜日

ソウル・ピクニック vol.2 出演者紹介 killing me softly(キリミソ)


昨年の11月に渋谷WWWで行われたレコ初イベントでメンバーの産休を機に奥渋谷系バンド「ラヴ・ミー・テンダー」が活動休止したのは、僕らの記憶に新しい。
レコ発タイトルの~また逢う日まで~の通り、僕らの前から忽然と姿を消してしまった。
野田努氏が「ラヴ・ミー・テンダーは、スペース3のドラッギーなファンタジーとそのパロディ、あるいは地下に潜ったサマー・オブ・ラヴとドリーム・ポップとのあいだで鳴っている。」と語ったが、この日のライブはまさに「サマー・オブ・ラヴとドリーム・ポップ」を体現していた。フロアでダンスする大勢の怪しげな人々はどこからか湧き出してくるのか、ケルアックの「地下街の人々」をそのまま現代の日本におきかえたらこんな感じなんじゃないだろうか。
そんな「地下街の人々」を浮遊させて、まばゆく光るアーバンでサイケなシティポップ。
キラキラと抒情的な音に乗せ、~また逢う日まで~、彼らがそう呟き、渋谷の夜は更けていった。

「LOVE ME TENDERのいない朝。東京はエスプリをひとつ失ったのだ。」高木壮太氏がツイッターで語ったように、あのライブを見ていた誰もが次の日の朝、満員電車に揺られながらそう思ったに違いない。

1か月後、そんなラブミーテンダー残党とSTIMのメンバーが結成した新バンド「キリミソ」が出来たと聞き、次は一体どんなキラキラした音楽を聴くことが出来るのだろう、と僕は胸を躍らせた。
先月、ようやく中野Heavysickにて初めてキリミソのライブを見ることが出来たのだが、僕はまた彼らが東京に戻ってきてくれたことを実感し、とても胸がいっぱいになった。








バートバカラック大先生の「close to you」のカバー、彼らがやってよくないはずがない。

そんなクールでアーバンなキリミソの兄さんたちを、男臭くて泥臭くてうだつの上がらぬ代表思い出野郎が必死で迎え撃ちます!
乞うご期待あれ!

キリミソの音源&映像はコチラ↓
https://www.facebook.com/photo.php?v=404129603008120
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=lfXVhYpx_xA#!

パーカッション 源


2013年4月8日月曜日

第二回ソウルピクニックだよ〜


おひさしぶりです、マスダです
マコイチさんやゲンちゃんが告知していましたが、すごい人たちが出演してくれる自主企画ライブをするしインディーファンクラブでも演奏させていただきますありがたやありがたや

とりあえず自主企画について出演が決まったのでちょっと告知します。場所はまた吉祥寺曼荼羅。なんか作ってきたら500円割引システムも続行です。今回フライヤーを作ったのはマコイチさんです。どろんとしていますね。


そして今回のまたもや豪華過ぎる出演者たち。

出演
LIVE
キリングミーソフトリー
ちくわテイスティング協会
Y.I.M
DJ
高城晶平(cero)
kunilopez
(もしかしたらひらのりょうもVJしてくれるかも)
(思い出野郎Aチームも出ます)

すごい豪華なひとたちがまた出演してくれますありがたやありがたや…
それぞれの演者の紹介はまた後日させていただきます。前回のバンド紹介を見直して思ったんですけど、いくつかまとめて紹介するってすごい失礼じゃないですか。だから今回はひとつひとつ紹介していきます。ゲンちゃんかマコイチさんが。

とりあえずわたしたち思い出野郎Aチームについて紹介しておくと、今日も今日とて下北沢に集合してお酒を飲んでいました(ナガオカくんは体調不良で欠席しました)。ほんともうこんなバンドにフジロックのやつ投票して頂いたひとたちありがとうございました。投票してくれる人がいることを励みにして今後ともいっぱいお酒を飲むことにします。楽器も練習します。

インディーファンクラブ大先生のやつは詳しく教えてもらってないので特にアナウンスなしです。情報の発表が超たのしみです。どこで演奏するのかな〜threeかな〜

そういうわけでなんかいろいろあるけど、いろいろよろしくお願いしますマスダでしたぴょん

2013年4月1日月曜日

下北沢インディーファンクラブ!

6/23(日)下北沢で開催されるライブサーキット「下北沢インディーファンクラブ」にお呼ばれしました!

出演者第一弾が発表されましたが、メンツ豪華っす!

↓詳細はこちらから
http://www.indiefanclub.com/

よろしくお願いします!


このガジェットでエラーが発生しました